2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて見た【茗荷】(みょうが)の花♪

20060810171131.jpg

20060810171145.jpg

茗荷は日本独自の香味野菜・・・
暑い夏にその香りで涼をもたらしてくれます

知人宅の庭で偶然見つけられた【茗荷の花】・・・
とても可愛くて、さっそくデジカメでパチリ♪
せっかくだから、ここに登場!ちょっと調べてみました♪

20060810171139.jpg


"茗荷"という名前の漢字・・・
この名前については次のような逸話があります
 
***

釈迦の弟子である周梨槃特(スリハンドク)の話ですが、
彼は、仏道に優れ悟りまで開いた人物だったそうです。
でも、どういうわけか、物忘れがひどく自分の名前すらすぐに忘れてしまったそうです。

ふびんに思った釈迦が首から名札をかけさせましたが、
そのことさえも忘れてしまい
とうとう死ぬまで自分の名前を覚えることができなかったそうです。

死後、お墓に見慣れぬ草が生えてきて・・・。
一生自分の名前を荷(にな)って苦労した、ということから
「茗荷(みょうが)」と名づけられたということ・・だそうです(^^)

この話から、茗荷を食べると物忘れがひどくなるという俗説が生まれました。

...ということで、物忘れがはげしくなる事・・・
冥加のせいにしてあげないでね(笑)

余談ですが・・・

-薬効効果-についてちょっと小耳話♪

1.精油成分が、大脳皮質を軽く刺激して、ぼーっ!とした頭をシャキッ!
  とさせる作用あり

2.熱を冷まし、解毒効果があるので、夏バテに効果あり。
  独特の芳香と風味があるので、薬味などにすると、食欲増進に

3.ホルモンのバランスを整える効果があるので、生理不順、更年期障害
  生理痛や女性の冷え性、冷えからくる腰痛、腹痛にも有効

4.発汗、呼吸、血液循環などの機能を促す作用があるので、腰痛、肩こ
  り、リウマチ、神経痛にも効果あり。患部にそのままはったり、入浴剤と
  して用いる

-調理-
刻んで水にさらす
アクがあるので、水にさらしますが、あまり長時間つけると、
薬効成分が流れてしまいます
麺類や味噌汁、酢の物、刺身のつまに
塩漬けや味噌漬に
野菜の塩漬けを作る時、細かく刻んだミョウガも一緒に!
新鮮なものを細かく刻んで、かつお節としょうゆで和えても美味しい一品!

ミョウガタケは、さっと熱湯に通して、酢につけるとほんのり赤味を増すので、
酒のあてにこりゃまた旨い!(*^┰^*)>
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。