2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORITOさん 永遠に・・・



328876_127.jpg

私がオリトさんを知ったのは、ミナミのソウルバー【マービン】で
素敵な歌姫【Chaka】のライブをサポートした日の事でした

店のオーナーの林さんがニコニコしながらCDを掛けてくれたのがきっかけ♪

最初はアルグリーンだと思って聴いていたのですが、
途中で・・・『おや?』と思って聴き入っていると日本語?!

歌も演奏も曲も、とても素敵でマスターに質問攻め!!

マスターから色々と「資料」を頂き、さっそくメンバーのギタリスト【Gutti】氏にも聞かせる。。
彼も驚いて興奮して電話してきた♪

そうこうするうち本人の彼から電話がかかってきて
「Chakaさんやマービンのマスターからご紹介いただきました、オリトと申します。
大阪での2日間のライブをご一緒して頂けますか?」 との朗報♪

まぁ!うれしいですっ・・てんで、この1ヶ月ぐらいは毎日のように電話でやり取りしていた
私がかつてメジャーデビューしていた【HumanSoul】もご存知のようで話は盛り上がる♪

演奏がオリトさんのミュージカルディレクターの【星川薫】さんのギターと二人なので
演奏できる曲にも限りがあるかなぁとか
ファンの方を驚かせるデュエットを用意したけれどOKですかぁ・・・とか。。

今だからその「ナイショ」を書きますが、当日のChakaさんとのデュエット曲の中で・・・
じつは、ムード歌謡曲の《東京ナイトクラブ》をやりたいとオリトさんが言い出したんです(^^)

彼曰く、「チャカさんにはOKをもらいました。セッシーさんはこんな曲ですがどうでしょう?」
・・・と。
じつは私は演歌や昔の古い歌謡曲は大好きで・・・と話が盛り上がり、決定!

私は早口で、オリトさんはゆっくりな口調(^^)
いつも私が話し終わると、丁寧に「はい」「はい」とうなずいて?聞いて下さる雰囲気で・・・
会ったことがなくても、電話だけでも、そのお人柄が伺えるひとでした


そんなこんなで迎えた当日2月22日・・・
初めてお会いしたのに、そんなやりとりがあったからか妙に親しい気がして
リハーサルは始まりました

中でも、カットしようかどうしようかと特に悩んでいた2曲
カーティスの「Super Fry」 と 「Broun Shuger」・・・
じゃぁ一度やってみましょう、とやり始めて妙なグルーブが・・・

オリトさんも星川さんも「今日の中で一番良いんじゃないの?!!」と喜びを隠せない様子♪

リハ終了後、マネージャーの鈴木氏長谷川氏とメンバーで「大阪は安くて旨い」を紹介すべく
阪急東通の「揚子江」でラーメンとチャーハンをシェアして食べる・・・
よほど美味しかったご様子で、チャーハンをお持ち帰りしたぐらいだったです(^0^)
本番前って、そんなに食べれないものね(^^)

そして迎えたライブ本番!
ソウルバーの林氏もやはりあの「Super Fry」には唸り、思わず・・・
「酒をくれ~!!」(^0^)

そして後で聞いて、『あぁ、そう言えば』・・と思うのは・・・

アドリブの中で、敬愛するミュージシャンの名前を歌のワンフレーズと共に感謝の言葉で羅列されていた事です
アルグリーンはもちろんのこと、カーティス、マーヴィン・ゲイなどの名前、もちろんご家族の事もです
かなり沢山の方々のお名前を素敵なフレーズに載せてアドリブしておられました。。。

私は初めてご一緒したので、時々そう言った事をされているのかと思いましたが、
長く一緒にされている星川さんのおっしゃるには、あんなにたくさんの方々のお名前を羅列するなんて珍しい・・・と・・・


ファンの方達との楽しいひと時を過ごし、明日はもっと楽しくなることを約束して別れました・・
その時にオリトさんと交わした最後の会話・・・

オリト 「おやすみなさい、明日はもっとはじけましょうね!」
私 「はい!はぢけるの「じ」は「ち」にてんてんですよぉ!おやすみなさい♪」


あくる日・・・
マスターからの電話・・・
何か良くない知らせの口調・・・
思わず 『もしかしたら、機材を積んだ車ごと盗まれたのかしら・・・?』
そう思ったくらいでした

しかし、そんなことであれば良かったのですが・・・衝撃の言葉・・・

「折戸君がね、亡くなったんだ」

何度も「え?」「え?」を繰り返すしか言葉が出てきませんでした

享年43才・・・あまりにも若すぎる死です・・・
死亡原因は急性心不全との事

約束は時間前に必ずきちんとされているオリトさんが現れず
連絡しても電話に出ないので、マネージャーの方がお部屋を開けて頂いたら
もうその時は彼の地へ旅たった後だったとの事でした・・・

取るものもとりあえず、ホテルへ駆けつけ・・・

さて、今夜のライブをどうしようか・・・
メンバー・スタッフで相談した結果
「きっとオリト君はライブをして欲しいと願ってるよ」 ・・・と、全員一致で
前予告も何も無しに、ライブをさせていただくことになりました

1stが始まる前、にぎやかな店内・・・
スタート時間になっても彼が現れないので少々疑問な雰囲気の中メンバーが定位置に着き
マスターからのご挨拶と突然の訃報を聞き、場内は静まり返りました
あまりの突然な報告で、ファンの方々もショックが隠せない様子で嗚咽の声が漏れるなか1曲目が始まりました

「Let's Stay Together」・・・彼の大好きな曲から始まりました

今回、ゲストで3曲ほどご一緒して頂くことになっていたChakaさんのリードで
ツーステージとも、悲しみの中にも、楽しくライブを終えさせて頂けることが出来たのも
きっと一番ビックリしているORITOさん自身が、会場に来ていて一緒に歌ってくれてたからですよね!

ご自宅が東京にお住まいなので、搬送等の手間を考慮して大阪で葬儀を行う事になり
お通夜・告別式とも大阪市内で行われました

夜分、遅くにお通夜へお伺いしました

本当に今にも歌いだしそうなお顔で、穏やかな安らかな表情でした

私が実際にお会いしたのはたった一日でしたが
ライブの空間を共有出来たことは、それ以上のものが時空の中に圧縮されていたと感じています
歌を通して伝わってくる、彼の優しさと強さ
そして何よりも 「感謝」出来る素晴らしさを教えていただいた気がします

個人的に来月、関東本面に4日間のソロライブツアーをするのですが
最終日のライブに彼が来てくれる予定でした

「自宅が近いから、嫁さんと子供をつれて遊びに行くよ。そして一曲プレゼントするから!」
・・・そう言って下さったやさしいオリトさん。。。

本当に彼の死が悔やまれて残念でなりませんが
彼から頂いたもの、彼が残したものを最大限に残ったものが受け継いでゆかなくちゃ・・・
そう思って、自分自身もこれからも 《生涯現役》 で頑張りたいと思います

     ORITOさん ありがとう   

                              R.I.P ORITO

ORITO君

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。